読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水富美加さんが出家のため芸能界を電撃引退する件。

女優の清水富美加さんが、出家するために、事実上の芸能界引退を決めたらしい。

今後は宗教活動に専念するのかな。

教団の広告塔、というポジションにでもなるのだろうか。

詳しいことは知らない。

個人的には、いいと思う。

どう生きようと本人の自由だ。

 

事務所に迷惑をかけたとか。

仕事に穴をあけたとか、

まぁいろいろとバッシングも受けるだろうが、それを覚悟で出家することに決めたんだから、これはもう、清水富美加さんの意志を尊重する以外に選択肢はないだろうし。

いいと思いますよ。

宗教の自由。

 

ドタキャンみたいになったのは、後味が悪いが、どうせ、どのタイミングで「出家」を発表しても、こんな感じになるだろう。

一年後だろうと、二年後だろうと、

「出家します」

と発表したとたん、ほぼ全ての仕事がキャンセルになるはずだからだ。

 

もし仮に

「あと2年後に出家します」

と言ったとしても、同じことだ。

「私はとある教団の信者です」

と語った時点で、仕事が一挙になくなるだろう。

どっちみち結果的にはドタキャンだ。

 

f:id:gattolibero:20170212095825j:plain

https://twitter.com/sengen777/status/830352667629137922

 

最近、流行りのアドラー心理学で言えば、「課題の分離」ってやつで、

これはもう、清水富美加さんの問題であって、他の人間にとっては関係ないっちゃ関係ない話だ。

他人がどうこう言う筋合いじゃない。

「引退ですか、ああそうですか。」

それだけの話だ。

 

特に宗教の話題はデリケートな部分もあるしね。

 

 

宗教で大事なのは「最後まで信じることができるかどうか?」だよな。

途中で我に返って「だまされていた」と思ってしまったらそこでおしまいだ。

お布施を100万取られようが、1000万取られようが、それで本人が救われたと感じている間は効果があるということだ。

死ぬまで、信じ込んでいれば、幸せってことだ。

少なくとも本人にとっては。

 

何を心のよりどころにするか?

ってのは、人それぞれだから、他人がどうこう言う筋合いじゃない。

 

信じている宗教が何教であろうが、宗教の自由が保障されている以上、そこをとやかく言われる筋合いはないのだ。

 

私は、個人的には無宗教だが、宗教にのめり込む人を頭ごなしに批判するつもりはない。

人にはそれぞれ事情がある。

ただ、違いを認めるだけでよい。

それが良いとか悪いとか、余計な感情をつけたす必要など無い。