読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ「そして誰もいなくなった」の犯人を推理してみる。(元ネタ知りません)

【チラシの裏】

2夜連続ドラマ「そして誰もいなくなった」の1夜目がさきほど終了。

世の中には、犯人をググってしまう人、その答えを誰かに教えてしまう人がいるらしいですが…非常にもったいないですね。

クイズの答えを先に観ちゃうようなもんです。

さて。元ネタを知らない私は、今から推理を楽しみたいと思います。

私の推理によると…犯人は…

 

向井理が犯人なんじゃないでしょうか?

どうでしょう。

違うかな?

ズバリ正解だったら、ネタバレになってしまいますね。

 

根拠は、特にありませんww

 

ただ、1人目の犠牲者のふりをして、まっさきに「死体」の身分を手に入れて、皆の前から姿を消すことができたわけです。

 

二人目以降を殺害する動きを、皆に悟られずに済みますよね。

「あの白いシーツの中には、向井理の死体が、ちゃんと存在している」とみんなが思ってくれていたとしたら、向井理は非常に自由に動き周りやすいです。

 

 

あっ。

 

 

多分、正解だ。

 

もっとハッキリとした根拠が、見えた。

 

これ、言わない方がいいかな…。

 

ネタバレになってる可能性もあるので、2夜目を楽しみたい人は、この先は読まない方がいいかも。

とか言って、推理が全然、間違ってたりしてww

 

かも?

 

 

 

もしかすると…私、

この話のパロディ…どこかで見たことがあるかも知れない。

 

「名探偵登場」っていう1976年公開のアメリカ映画。

 

 

 

向井理の職業って、ミステリー作家だったはず。

元アマチュア・ボクサーで、うっかり人を殺してしまった、というエピソードは、本人の作り話だろう。

仕掛け人は向井理だ。

自分が考えたトリックが、どこまで通用するのか確かめてるんじゃないだろうか。

 

そんな気がします。

 

さて。

正解は明日の夜ですね。

どうでしょうか。