WBCが、就職活動の場になってる気がする。

どこの国もそうだけど、メジャーでバリバリやってるような選手は、出場を見合わせるケースがほとんど…だよね?

WBCを頑張ると、ペナントレースで調子を崩すらしいからね。

ピークがずれる。

高額年俸をもらってる選手にとっては、WBCよりも、普段所属しているチームで活躍できるかどうかのほうが、はるかに重要だからね。

あえてリスクを負う必然性が無い。

 

結局、メジャーリーグへの進出を目指している若手とか、再就職先を探している中堅やベテランのための、いわば、

「壮大なスペクタクルでお送りする愛と冒険のトライアウト」

になってるような気がするんだが。

 

韓国もメジャー級の選手は軒並み、出場を見合わせたらしく、結果、あっさりと敗退。

 

日本もメジャーからは青木ただひとりの出場。

 

イスラエルの快進撃が続いているが、当然と言えば当然かもしれない。

彼らにとっては、メジャーのスカウトに拾ってもらうための、またとないチャンスだからだ。

世界に自分の名を轟かす一世一代の大勝負だ。

イスラエルの選手は、3Aとか、2Aとかに所属してるらしい。

ちなみに、純粋なイスラエル出身者は1人しかいない。

あとはユダヤ系アメリカ人。

 

 

ということで、私も当然、そういう目で見ている。

メジャーのスカウトマンの目線でサムライJAPANを品定めしている。

結果、注目株は

山田と筒香ね。

 

筒香は今大会で名をあげるだろうね。

山田はまだ分からん。

 

もしかすると、山田は「初物」に若干、弱いかも知れないな。

初めて対戦した投手は苦手かもしれない。

癖が分からないから。

 

本当は大谷がどれだけやれるのかに大注目だったけど、まぁ今は怪我の治療に専念してほしい。

無理して完治が長引くのが一番よくない。

 

 

結局、

「野球世界一を決める!」

って煽ってるけど、実際には

「就職活動の場」になってるねって話。

 

ということで、不可抗力的に

その国の野球選手の「層の厚さが試される場」にもなってる気がするね。

 

とにかく、祭りですから。楽しみましょう。

がんばれサムライJAPAN!