読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の弱点は、見方を変えると長所や武器になる。

【チラシの裏】

忘れないようにメモしておく。

自分の弱点をもっとしっかり把握しておくべきだったのかもしれない。

 

人は、弱点をさらけ出せばさらけ出すほど「おもしろくなる」という法則を、今まで見くびっていた。

例えばこの過去記事。

gattolibero.hatenablog.com

 

カレー沢先生は、自身の顔面が「ブス」であることを真正面から受け止め、ポジティブエネルギーへと変換することで、輝きを放つことに成功している。

 

カレー沢先生の武器は「ブス」なのだ。

決して、「男がいない」とか「一生独身」みたいなことでは無い。

(すでに結婚している)

 

「あ~、男にモテてぇなぁ~」

みたいなキャラではダメなのだ。

それでは「芯を食ってない」ことになるのだ。

ピントがずれている。

 

「ブス」であることを前面に押し出してこそのジャストミート。

場外ホームランをかっ飛ばすことができるのだ。

 

ということはだ。

 

ひるがえって、自分自身を省みてみる。

 

自分の武器は何だ?

 

よくありがちなのは、「異性にモテない」というキャラづくりだが…。

私にはすでに、ソウルメイト的な相方がいるので、非モテキャラで押していくのは見当違いになって、誰からも賛同は得られないだろう。

 

非モテ」は、私にとって武器にはならない。

 

「ブサイク」も違う。

若干、男前だからな。

いや、男前でもないか。

一番中途半端な感じなのでこれは却下。

 

「デブ」キャラで押していくか…?

デブであることが武器になるか…?

・・・・・・弱い。

石ちゃん石塚英彦)や、伊集院光

内山君や、まっちゃん(松村邦洋)クラスまで太らないと、デブを武器にすることは不可能だ。

 

不健康?

メンタルよわよわ系?

コミュ障?

ニート

引きこもり?

 

 

どの要素を前面に押し出していくべきなのか。

ちょっと考えた。

 

結果、自分の一番の武器は

「貧乏」なんじゃないか?

って気がしてきた。

 

「貧乏」を前面に押し出していく。

武器:貧乏。

 

どうだろうか。

これが正解のような気がしてきた。

 

かれこれ30年近く、自分で髪の毛を切っている。

なぜなら貧乏だから。

最近は切ってないので仙人みたいになってる。

 

10年以上着用しているボロボロのタンクトップ(ユニクロ)の上に、もらいものの高級フリースを着用している。

 

ボクサーパンツはダイソー

Lサイズを買ったのに、大きさ的にはMサイズだった。

ダイソーだから、そのへん雑だな…。

 

知人の知人の息子からもらったヒップホップ系のだぼだぼスウェットは、長すぎるので裾を切った。

チェケラッチョ。

 

パソコンも借り物、ネット回線も借り物。

 

自前のマウスはホイールマウス

なんかあの、ビームが出てるタイプじゃない。

丸いボールがコロコロと転がるレトロ・マウス。

 

そして、いまだにガラケー

基本的に使わないので、無料通話分をオーバーしたことは無い。

月額、だいたい千円。

 

貧乏エピソードなら、果てしなく出てくる。

 

おそらく、2年くらいは、買い物していない。

買ったのは、食料や日用品など、消耗品のみ。

gattolibero.hatenablog.com

2015年の5月に、尋常じゃない格安でリュックサックを購入して以来、何も買ってないようだ。

 

あ~、カネ欲しいよ~~

という感じでも無いんだけど、貧乏であることには間違いない。

 

カネがない。

よし、これだ。

おそらく私の武器は「貧乏」であることだ。

 

貧乏を研ぎ澄ましていこう。

ストイックに追及していく。