読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるで古内東子のように逃げたくなる。

【チラシの裏】

こんばんは。古内東子(ふるうち とうこ)です。

ウソです。

本当は余生を持てあました初老のおっさんです。

 

結局、こういう事なんですよね。古内東子さんいわく。

追いかけられると逃げたくなる

背を向けられると不安になる

 

今、気づきました。

違うわ。多分、こういうことじゃない気がしてきた。

 

古内東子さん、関係なかったかもしれない。

おそらく。

 

それにしても、どうしてほとんどのブロガーって短命なんでしょうかね。

すぐ死ぬ。

絶命する。

楽しみにしてたのに、いつの間にか更新が滞ってる。

もしかすると、また別の場所で新しいブログを始めているのかも知れないけど。

それにしたって、

どうして今まで続けてきたブログを途中で投げ出したくなるのだろうか。

 

う~~ん…。不思議だ。

 

とはいえ、私自身も、もう一個のブログのほうは、全然、書く気が起きない。

非常に億劫だ。

 

何かをコツコツと積み重ねていけば、積み重ねるほど、崩れていくことの恐怖感みたいなものが増幅していくのかも知れない。

ジェンガ理論。

今、発明した。

 

ジェンガが、どんどん高くなっていくと、グラグラするし、次の一手に挑むときに「崩してしまうかも…?」と考えて、無意識のうちにナーバスになってしまっているのではないか。

よく分からんけど。

守りに入ってしまう。ということなのではなかろうか。

 

あるいは、ただ単純に飽きてしまったか。

違うことをやりたくなった。

 

すくなくとも、いま書いてるこの記事は、もうひとつのブログでは書けない。

正直、無理。

古内東子とか全然関係ないタイトル付けて。

こういうこと、できない。

恐ろしすぎる。

 

ここまで無邪気に遊べない。

 

やっぱり、無邪気に遊べる場所が必要なんだろうな。

気負わずに、なんでも書ける場は必要だな。

 

結論が出たのか出てないのか。

よく分からんけど、

クレイジージャーニーが面白いから、テレビ観よっと。