楽屋みたいな場が欲しかった

なんとなくだけど。

芸人さんに例えてみる。

 

メインのブログは、テレビでの仕事。

ツイッターでのつぶやきは、深夜ラジオの仕事。

そして

いま書いているこのブログは、楽屋でだべってる感じ。

…なのかもしれない。

「仕事」的な感覚を一切、排除した場を設けたかったのかも知れない。

だから、このブログが必要だったのかも。

違うかもしれない。

よく分からない。

 

それはそうと、「二度寝」や「昼寝」以上に、幸せを実感できる瞬間って、人生において、そうそうないっていう気がしてきたんだけど。

死ぬまでず~~っと寝ていられたら、すごく幸せなことなのかもしれない。

よく分からんけど。

床ずれで痛いのは嫌だけどな。